So-net無料ブログ作成
検索選択

値幅半分ならば…… [FXトレード日記]

7日の確定利益は0円でした。

ジグザグに動くレンジ相場で、ドル円は25pips、豪ドル円は40pipsの値幅であれば最低1回ずつ、もしかしたら2回ずつ決済されていました。それぞれ50pips、80pipsではどうにも、惜しいところまで行ってレートが戻してしまう繰り返しでした。
リピート注文トレードされている方のブログを複数拝読しておりますが、値幅が狭い方のほうが明らかに利益を上げています。コストはかかっているのでしょうが、絶対的な利益が出ていればスプレッドによるコストは度外視しても良いのではないかと私などは愚考します。トラリピのように法外な手数料を引かれる場合は別ですが。
私は今後、値幅を狭める方向に進みたいと思っています。昨日、豪ドル円はもうやめると書いたばかりですが、やはりやることにして、豪ドル円は次に下げた時にでも早々に40pips値幅で再開したいと思います。
ちなみに豪ドル円を続ける気になったのは、その後、大きく動いたからです。ドル円から独立して乱高下しました。豪ドル円を見限ったのは早とちりでした。

ところで昨日は手動のIFDショートが決済。今日はロングの手動IFDがプラス推移しています。なんだか高コストで裁量トレードをしてしまっています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0