So-net無料ブログ作成
検索選択

【日曜コラム】ループイフダンとトラッキングトレードのお得度を比べる [FX]

ループイフダンには手数料がかかりません。スプレッドにより実質手数料が取られるのみで、建玉ごとに口座資産から引かれるようなことはありません。一方トラッキングトレードには手数料がかかります。スプレッドからも引かれますが、しかしこれはループイフダンと比べて圧倒的に狭いスプレッドです。私はこれを下のように考えてみました。

例えば米ドル円で50pips値幅1,000通貨単位でリピート注文を動かす時、520円稼いで500円だけもらえるのがループイフダン、503円稼いで40円(17年6月4日現在は半額キャンペーンで20円)引かれるのがトラッキングトレード。こういうことで良いのかなと思います。もう少し説明します。

私は口座資産からおカネを引かれるのはあり得ないと思ってループイフダンを使っていますが、前にも書きました通り、あと2pipsで届かないということが思ったよりあります。チャートを見て、上ヒゲが決済レートに達しているのに決済されていないというケースもあります。これは微妙に届かなかったのだと思います。その点トラッキングトレードはスプレッドが狭いですので500円もらうためには503円稼げば良い。520円稼がねばならないループイフダンより約定しやすいはずです。ループイフダンで惜しくも取れなかったケースが、トラッキングトレードならおそらく取れていたでしょう。そう考えるとトラッキングトレードも悪いものではありません。手数料を口座資産から引かれるにしても、ループイフダンで取り損なうトレードで利益を上げられるならトータルでトラッキングトレードの方が稼げるかも知れません。

豪ドル円になればこの差がさらに広がります。ループイフダンで400円もらうためには440円稼がねばなりません。一方トラッキングトレードでは406円で済みます。そこから40円(現在はキャンペーンで20円)引かれるわけですが、約定のしやすさは段違いでしょう。やはりトータルではトラッキングトレードの方が稼げる可能性があります。

また、トラッキングトレードの手数料は確定申告時、必要経費にできると知りました。『iサイクル注文トラッキングトレード検証ブログ』さんのこのエントリーにiサイクル注文の手数料は必要経費にできると書いてあります。iサイクル注文とトラッキングトレードは同じものですから、このことはトラッキングトレードに当てはめられます。
手数料が必要経費にできるということは、トラッキングトレードの方が税制上有利ということにもなります。ループイフダンの手数料はスプレッドから引かれますが、これは経費にできないそうです。ループイフダンの実質20円とトラッキングトレードの43円では倍以上の差がありますが、トラッキングトレードはもうしばらく手数料半額キャンペーンをやっています。それならば20円対23円です。それで確定申告時、必要経費として引けるなら、トラッキングトレードの方がお得ということになります。

決済約定がしやすく税制上も有利と考えるとトラッキングトレードは魅力的です。口座資産から手数料を引かれるのは気分的に良くありませんが、検討してみる価値はあると思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: